下水道切替工事

下水道(公共下水道)の工事が完了し、下水道が使えるようになりますと、市町村から各家庭などに、その旨の連絡や説明会などが行われ、排水設備を市町村で指定した公共ます(複数の場合もあります。)に接続することになります。
この排水設備の工事にあたっては、市町村に排水設備設置の計画確認申請を行う必要があります。そして、工事完了後の検査の結果、合格となれば、工事検査済証が発行されますので、使用開始の届出を行います。これで、いよいよ下水道の使用となります。
もちろん、便所も水洗便所に改造することになります。この下水道への接続は、下水道が使えるようになって(供用開始の公示)から3年以内に行わなければならないことが法律(下水道法第11条の3第1項)で定められておりますので注意が必要です。なお、これらの手続きの詳細や工事の助成金などについては、お住まいの市町村、もしくは弊社までお尋ね下さい。(諸手続は公認業者が代行致します。)

下水道が整備されますと、私たちが日常生活で使った水やし尿は、「汚水」として下水道管に流れ、下水処理場に集められて浄化されます。そして、再び河川などに戻されるか、私たちに役立つ水となります。また、雨は、「雨水」として下水道管に入り、速やかに河川などに流されます。この「汚水」と「雨水」を総称して「下水」といいます。
このため、トイレの水洗化をはじめ、汚水や雨水がたまらないので、蚊やハエなどの発生を防ぎ、伝染病を予防し、大雨が降っても浸水がなく、清潔で快適な生活環境が確保されます。また、河川、湖、海などの公共用水域をきれいにする水質保全の役割を担っており、水環境をよみがえらせる働きをしています。
また、近年では、下水道がもっている資源などの有効活用と利用が図られており、地球環境を考慮した省エネルギー、資源の再利用などの社会的な要請にも貢献しています。